自然な仕上がりにできる

キャンドル

進化したシリコンの特徴

女性が美容整形外科クリニックで手術を受けるという場合、豊胸手術を希望するというケースが多いようです。美容整形外科クリニックの激戦区として知られる銀座も、豊胸手術を受けたいという女性が多く受診しています。豊胸手術には様々な施術法がありますが、銀座の美容整形外科クリニックでは「シリコンバッグ豊胸」が人気です。シリコンバッグ豊胸は人工プロテーゼ、いわゆるシリコンをバストに挿入してサイズアップするという豊胸手術です。大幅にバストアップできることから主流となっている豊胸手術ですが、「シリコンをバストに入れると硬くなるのでは」という、不安を感じる人も多いのではないでしょうか。現在、多くの美容整形外科クリニックで使われているシリコンは、ソフトコヒーブシリコンという種類で、見た目・触り心地共にとても自然です。さらにシリコンの種類はスムースタイプとテクスチャードタイプという、2つの種類に分けられています。スムースタイプは手触りが柔らかく自然なバストラインを作れる、テクスチャードタイプは表面に特殊な加工を施してあるのが特徴です。テクスチャードタイプはシリコンバッグ豊胸の後遺症である、拘縮を起こしにくいことから多くの美容整形外科クリニックで採用されています。不自然な硬さになる・手術後の拘縮など、多くの方が不安に感じる点を克服しているのが、今使われているシリコンの魅力なのです。

美容整形外科クリニックで「シリコンバッグ豊胸」を受けたいという患者さんは、「人並みのバストサイズになりたい」というケースも少なくありません。シリコンバッグ豊胸はバストに挿入するシリコンの大きさによって、3カップほどバストアップさせることも可能です。ただ、銀座など大人の方が多く訪れる場所にあるクリニックの場合、特別大きくしたいという訳ではなく平均的なサイズになりたいと豊胸手術を希望する患者さんが多い傾向にあります。今、日本人女性の平均的なバストサイズはBカップからCカップの間と言われているので、BカップとCカップの中間を目指せば、平均的な大きさのバストを手に入れられます。シリコンバッグ豊胸でAカップの女性が平均的なサイズにする場合、シリコンは100ccから125ccが目安となるようです。もちろん、200cc・300ccとシリコンの大きさは自由に変えることができるので、AカップからDカップにすることも夢ではありません。シリコンバッグ豊胸で理想のバストを作る場合、医師と患者さんがバストの仕上がりイメージを、共有していることが大切です。そのためにはカウンセリングでしっかりとデザインや大きさを決める必要がありますが、銀座の美容整形外科はカウンセリングに力を入れている所が多いので、その点は安心できます。